あなたの知らない歯科医療の現在とは…?

最小限に治療できたらいいな

「歯」を治療する時はなぜか怖い。

歯の治療では、虫歯など菌に感染されたところを取り除いたり、セメントを詰めたり、かぶせたりして蓋をしなければなりません。そんな治療のために歯で土台を作る必要があります。土台として作るには、歯を整えなければならないし、健康な歯を削らなければあらないこともあります。よく、歯科医院の治療で「キーン」と痛みを感じるのは、健康な歯が削られたことに原因があります。永久歯は、乳歯と違って虫歯になって一度削られたり、抜いてしまうと2度と生えてくることはありません。また、削ったりするたびに歯が小さくなってしまい、「ポロッ」と抜けてしまうこともあります。歯がなくなってしまう危険性も上がります。
そこで最新の治療方法があります。

コンポジットレジンと呼ばれる救世主

コンポジットレジンというものはご存知ですか?

コンポジットレジンとは、ペーストや液体状の樹脂のことです。これは、国際歯科連盟という組織で、「削る範囲を最小限に」という目標のもと、2000年代から取り組んできた成果です。
コンポジットレジンは、先ほどの記載の通り、ペーストや液体状なので接着面(土台)を作る必要がなく、歯を削らなくとも治療できるというものです。しかも、土台を作ることがないので、治療が一回ですみます。忙しい人でも、歯の治療が行うことができます。
しかし、これには欠点があります。力が入ってしまう「奥歯」の治療には強度が不安。また、個人差が出る、というものです。樹脂ですのでいくら固めたとしても、健康な歯の硬さには負けてしまいます。個人差が出る、と言いましたが、これは噛み合わせによって樹脂が欠けてしまうこともありえます。なので、主には歯が欠けてしまった人がよく利用しています。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ